TIC TAC

コラム&特集

COLMUN&FEATURE

連載コラム/ガンダーラ井上の「時計 なんて、時計だって」 #002 カスタマイズ系ウォッチの新星、klokers

#002  カスタマイズ系ウォッチの新星、klokers

いきなりですが、この腕時計には針がありません。その代わりに時・分・秒が記されたディスクが回転することによって時刻を示します。フランスでデザインされ、製造はスイスで行なっているklokersという新しいブランドです。

#002  カスタマイズ系ウォッチの新星、klokers

文字盤の中心から12時位置に伸びる赤い線。ここに重なっている数字を読むことで時刻を知る。この場合なら9時から30秒が経過したところですね。

#002  カスタマイズ系ウォッチの新星、klokers

klokersを見ていて思い浮かんだのは、ノギスと呼ばれる道具。スケールをスライドさせて数値を読み取り、精密なサイズを測定するためのものなので腕時計とノギスでは用途が異なりますが、アナログ式の精密な測定器っぽい雰囲気がklokersにはあると思います。

#002  カスタマイズ系ウォッチの新星、klokers

腕時計としての仕立ても上質なもので、さすがスイスメイドです。柔らかいエッジのミネラル風防パーツも、いい仕事しています。ところで、8時位置にあるこの赤いボタンは何に使うのですかね? ひとまず押してみると‥。

#002  カスタマイズ系ウォッチの新星、klokers

シャキーン! 時計本体とベルトのロックが解除されて、本体を上に引き抜くことで分離できるんですよ。このベルト、本体なしで金具だけの状態でも何だか格好いいです。ベルトだけにしておいて「それ何なの?」と聞かれたらポケットから本体を取り出して合体させるとか、そんな楽しみ方もできます。

#002  カスタマイズ系ウォッチの新星、klokers

この着脱システムを採用したレザーのケースも用意されているようです。これと組み合わせれば、いわゆるポケットウオッチとしても使えるのですが、それだけじゃなくて

#002  カスタマイズ系ウォッチの新星、klokers

こんな感じでうまい具合に自立してくれるので、テーブルクロックにもなるんです。こうなってくると、ベルトやケース以外にも何か面白いオプションがあるのではないかと期待してしまいますよね?

#002  カスタマイズ系ウォッチの新星、klokers

面白いオプション、やっぱりありました。
こちらがステンレスの質感も凛々しいクリップです。

#002  カスタマイズ系ウォッチの新星、klokers

シュキーン! と装着したら、クリップでお好きなところにどうぞ。

#002  カスタマイズ系ウォッチの新星、klokers

ちなみに、ベルトのバリエーションはこれだけあります。3種類ある本体の差し色とコーディネートして、どのベルトと組み合わせるか悩みますねぇ。ユニークなデザインとカスタマイズの自由度。それがklokersの持ち味なのです。

----------------
klokers(クロッカーズ) 時計本体 ¥33,000+tax、レザーベルト ¥15,000+tax デスク&ポケットパーツ ¥15,000+tax クリップ ¥8,000+tax /東京ソラマチ店・秋葉原アトレ店・新宿東急ハンズ店・羽田空港店・成田空港店・仙台パルコ店・名古屋パルコ店・京都キューブ店・グランフロント大阪店・ルクア大阪店・梅田東急ハンズ店・なんばパークスT-terrace店・三宮東急ハンズ店で展開しております。(2018年4月現在) SHOP LISTはコチラから

  • Category: 連載コラム/ガンダーラ井上の「時計 なんて、時計だって」