TIC TAC

コラム&特集

BLOG

トルク博多アミュエスト店

アミュエスト1F

〒812-0012
福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1
tel: 092-474-8590

地図を見る

【修理】--防水検査編--

ブログをご覧頂きありがとうございます!
 
今回は電池交換の際に行う
【防水検査】についてご紹介いたします。
●防水検査とは?
 
腕時計に備わっている防水性能を発揮させる為に
必要となるのが防水検査です。
腕時計の種類・構造によって異なりますが、
裏蓋やリュ-ズなどにはパッキンが組み込まれており、
内部の機械を水の浸入から守ってくれています。

これらが長年の使用により劣化したり、
外装パーツ(ケース等)の傷みによって
防水性能が保てなくなる場合があります。
 
当点では電池交換の際に、それらを確認した上で
パッキン交換が出来る時計はパッキン交換し、
防水検査を行って時計に備わっている防水性が保たれているか
確認しております。
 
※構造上や時計の劣化等で防水検査すると破損する可能性があると
判断させて頂いてものに関しては防水検査いたしません。
(ガラスカケまたはヒビ・ケース破損・劣化・
ヒビ(特にセラミック・プラケ-ス))
●防水検査の仕方
当店では乾式防水検査機を使用しております。

乾式防水試験機とは、水を使わず防水機能を
検査することができるテスト機材です。
検査する腕時計の性能に合わせて気圧を設定し、
水の代わりに空気圧を利用し検査します。
 
気圧の変化をマイクロメーターレベルで計測して、
気密漏れがあるかどうかを調べます。
カプセル内に時計を入れて加圧し
時計のわずかな歪みを検知して防水の合否を判定します。
主に多くの時計修理店、メーカーで使用されている検査機です。
 
恐らく防水性がとっても高いお時計は、メーカーにて
湿式防水検査機を用いて検査されていると思います。
●最後に
 
防水検査をすれば防水は大丈夫?と聞かれる事もありますが、
防水検査によって防水性が高まるわけではありません。
あくまでもその時計の防水状態を検査するものです。
本来の防水性が必要なお客様はメ-カ-での防水検査をオススメします。
 
今回は番外編として修理に関するブログを
お届けいたしました!
 
ぜひご利用下さいませ!!
 
お問い合わせはこちら
TEL:092-474-8590
 
  • Category:トルク博多アミュエスト店
  • Date:26.03.2021