1927年ドイツ・フォルツハイムに創業。第二次世界大戦時にはLACOやランゲ&ゾーネなどとともに、旧ドイツ空軍にパイロット用ウォッチを納入していた老舗ブランド。クォーツ時計普及の影響を受け1970年代以降長らく休眠状態となっていましたが、ドイツの独立時計師ヨルク・シャウアー氏が権利を買い取り、8年の研究の末2004年に販売を再開しました。独STOWA社はインターネットでの販売を基本としており、店舗で現物をご覧いただけるのは日本のTiCTAC系列店のみとなります。(一部店舗での取り扱いです。)