TIC TAC

COLUMN&FEATURE

連載コラム/ガンダーラ井上の「時計 なんて、時計だって」 #013 タフネスGPSアウトドアウォッチ GARMIN INSTINCT その1

#013 タフネスGPSアウトドアウォッチ GARMIN INSTINCT その1

この腕時計は、GARMINのINSTINCT。アウトドアでの使用を意識したスマートウォッチです。腕時計本体に各種のセンサーを搭載することで、あれこれ多彩な機能を発揮します。国産デジタルとはちょっと雰囲気が違うな。と思ったアナタは鋭い!GARMINは、アメリカのブランドです。

#013 タフネスGPSアウトドアウォッチ GARMIN INSTINCT その1

GPSデバイスメーカーとして30年の歴史があるGARMINのスマートウォッチには、もちろんGPSが搭載されておりナビゲーションは得意分野。ちなみに測位情報を提供する人工衛星はおよそ100機以上が地球周回軌道上にあるそうです。INSTINCTは、アメリカのGPS、それに準拠した日本のQZSS(みちびき)、欧州のGalileo、ロシアのGLONASSが発する信号をキャッチすることができます。

#013 タフネスGPSアウトドアウォッチ GARMIN INSTINCT その1

GARMINのブランドネームは、電気技師のゲイリー・バレル氏(写真左)と、電気工学博士のミン・H・カオ氏(写真右)の名前をくっつけたもの。2人は1989年にブランドを立ち上げる前から、アメリカ国防総省のプロジェクトで衛星測位技術に接していた経歴があるそうです。軍事技術だったGPSを平和品にも活用する。そんな動機でGARMINは発展してきたのです。

#013 タフネスGPSアウトドアウォッチ GARMIN INSTINCT その1

製造は、ミン博士の故郷でもある台湾の自社工場で行われ、センサーなどの部品製造から組み立てまでを垂直統合することで性能と品質を確保。アメリカの軍事物資の調達規格であるMILスペック810Gに記載された低圧・衝撃・氷結・腐食テストに合格した、筋金入りのタフネスを備えています。

#013 タフネスGPSアウトドアウォッチ GARMIN INSTINCT その1

本体裏蓋に設置された光学センサーが血中ヘモグロビン濃度を計測して心拍数をモニターする機能も備えています。より正確な計測を望めば、オプションで胸バンド式のセンサーからの心拍データを取り込むことも可能。アスリート向けの心拍数トレーニングにもガチで対応しています。

#013 タフネスGPSアウトドアウォッチ GARMIN INSTINCT その1

本体でセンシングした各種のデータは、iOSもしくはAndroid端末にインストールした専用接続アプリGarmin Connect Mobileで簡単に同期ができます。腕時計と端末とはBluetooth®でサクッとペアリング完了。日本語にローカライズされた単語選びのセンスも外国製品っぽくて何だか格好いいかも。

#013 タフネスGPSアウトドアウォッチ GARMIN INSTINCT その1

腕時計とアプリを実装した端末がペアリングされれば、あとはユーザーの目的に応じたデータの活用が即座に開始できるという次第。その日の心拍数、活動、ステップ数をモニタリングすることで日々の運動量を把握することができますし、眠っている間も腕時計を付けておけば睡眠の質や時間をモニターすることだって可能なのです。

#013 タフネスGPSアウトドアウォッチ GARMIN INSTINCT その1

腕時計の物質的な特徴としては、繊維強化ポリマー製のボディの頼もしい質感と、シリコン製バンドのサラサラとして柔らかいつけ心地にプラスして本体質量52gという軽さも相まって体の一部として気兼ねなく付き合える感じ。さて、この腕時計で何ができるのか、いよいよ使い始めます!(つづく)
-------------------------
GARMIN INSTINCT ¥32,800+tax(100m防水、サイズ43×43㎜、稼働時間:最大14日間(時計モード)、14時間(GPSモード)、バッテリータイプ:充電式リチウムイオン)
新宿東急ハンズ店・秋葉原アトレ店・東京ソラマチ店・錦糸町パルコ店・ららぽーと立川立飛店・ららぽーと富士見店・さいたま新都心コクーン店・越谷レイクタウン店・ららテラス武蔵小杉店・ららぽーと横浜店・ららぽーと海老名店・イーアスつくば店・ららぽーと磐田店・梅田東急ハンズ店・ららぽーとエキスポシティ店・三宮東急ハンズ店・松山エミフル松前店・アミュプラザ博多店・熊本パルコ店・アミュプラザ鹿児島店で取り扱い中です。(2019年4月現在) SHOP LISTはコチラから

Column&Feature Top